金融機関への融資よりも早い資金調達の方法とは?

融資より簡単で早い資金調達方法はあるのか?

クラウドファンディングを用いて資金調達を図るなら

クラウドファンディングの仕組み

銀行をはじめとした金融機関やカードローン会社などで融資を受ける場合、審査や返済が必要です。事業経営者の中には、この時間と労力が煩わしいと感じるかもしれません。その場合、企業者がネット上でプロジェクトを立ち上げて支援者を募って出資をしてもらうクラウドファンディングを利用するのはいかがでしょうか。

クラウドファンディングは、支援を募り返礼品やサービスを届ける購入型やボランティアのような活動資金を募る寄付型など、複数の種類があります。専用のプラットフォームにウェブページの作成や写真掲載のような作業を行い、プラットフォーム側からの審査を受けて問題なければ公開となります。なお、公開後の募集期間は2か月が相場で、プロジェクト終了から入金するまでには、更に1から2か月後が相場です。資金調達が完了するまで半年程度要するので、急ぎの用途ではなく新規事業を行う場合に利用するのがオススメです。

専用サイトに掲載するだけなら苦労はしない

日本でクラウドファンディングからプロジェクトを掲載して、目標金額に達成したケースは約3割です。著名人をはじめ他の出品者との競争もあるため、成功までのハードルが低くありません。

年齢性別を問わずより多くの人に魅力が伝わる内容を届けるのも1つの方法ですが、ターゲット層を絞るのも良いかもしれません。自分なりにWEBなどでマーケティングを行い、ニーズとマッチングするものを掲載するようにしましょう。

他には、SNSのフォロワーをはじめ自分と繋がりがある人へ告知をする作業は欠かせません。身近な人や繋がりがある人の方がプロジェクトへの理解を得やすく、出資をしてもらえる可能性が増します。

クラウドファンディングは多くの人へプロジェクトを提供する以外に、自分を売り込む作業も欠かせません。賢く活用すれば、事業経営にプラスへと作用するでしょう。


この記事をシェアする